BLOG

屋上防水の必要性

2019/05/21

屋上防水施工前屋上防水施工後

 

屋上防水の必要性とは・・・・・

建物の屋上・屋根防水はとても重要な部分だといわれています。なぜなら屋上防水することで雨水から建物を守っているからです。雨水が直接当たる部分でもあるため防水機能が低下するほど建物内に水が浸入しやすくなってしまいます。建物内に水が浸入すると、躯体コンクリートのアルカリ成分が減り中性化が進む事によって鉄筋コンクリート内部の鉄筋が酸化(錆・腐食)を引き起こします。(コンクリートの中性化は雨などの水分や空気中の二酸化炭素が影響します。)

 

建物外部からの室内への水の侵入を防ぐには『水が存在すること』『水が通過する隙間があること』『水を移動させる力が働くこと』の3つの条件のうちいずれか1つを取り除く事が大切です。3つの条件が揃ってしまうと室内に水が浸入しカビや腐朽菌(ふきゅうきん)が繁殖するとになります。カビと腐朽菌は建物の老朽化につながり耐久性低下につながり、地震などの自然災害に弱い建物となるため早めの対応が必要となります。

 

屋上防水のメンテナンスサイクルの目安は10年~12年に一度になります。こまめにメンテナンスを行うことが建物の資産価値を維持し安心かつ快適に住んでいただく事につながります。