BLOG

足立区で複合防水なら当社へ

2018/09/22

足立区で複合防水なら当社へ

マンションの廊下やバルコニーでよくあるのが複合防水で長尺シートを貼ります。

長尺シートとは、マンションの廊下や階段などの仕上げに用いるシートの事です。
その最大の特徴として水に強い事が挙げられ、万が一濡れてしまっても染み込まずに床を汚れにくくしてくれます。
また、シート自体にクッション性を持たせる事で普通の床よりも歩きやすく疲れにくくなるという特徴もあります。
廊下だけでも見た目の印象は全然違います。
それだけで入居率が上がるかもしれません。
しかし、熱に弱い部分があるので定期的な補修やメンテナンスが必要となります。

鉄骨階段やモルタルの場合は、雨の日に水たまりができたり、滑りやすくなってしまったり、足音がうるさくなってしまうという事があります。長尺シートを張ることで、滑りにくく足音の静かな階段にリフォームすることもできます。アパートやマンションなどの集合住宅はもちろん、戸建住宅でも多くの方にご好評頂いている階段のメンテナンス工事の一つです。外部階段の劣化が気になってきたという方にはオススメです。

当社では下地のウレタン防水から長尺シートまで施工可能です。